【驚きの価格が実現!】 【クリッパー】 リチャードジノリ 1.25L ティーポット-ティーポット


サイズ:1.25L
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

18世紀後半 喫茶の習慣が ひろまり アルコール類が 退廃的とされ ますます 紅茶葉が 求められ 快速船ティー・クリッパーの 登場するところと なりました。
沢山の名窯に よく似た共通の シリーズが ありますが この小旗シリーズは 多分 ジノリだけだと思います。

クリッパーとは、19世紀に発達した大型帆船のこと。快速帆船と訳されることもある。大部分はアメリカ合衆国とイギリスの造船所で造られたが、フランスやブラジル、オランダなど他の国でも建造された。 積載量よりも速度を重視していたことから、一般的に全長に比して狭い船体と、多くのマストと帆を持っていた。多くはシップ型帆装で多くの横帆を持ち、スピードを得るために広大な総帆面積を誇る。そういった外観から熱狂的なファンが多く、帆船模型では定番となっている。イギリスのカティーサークを始め、保存されている船も存在する。イギリス本国とオーストラリアやニュージーランドを繋ぐクリッパーの航路。吠える40度と呼ばれる強風を利用している。

クリッパーは1843年、好景気により急激に増える茶の需要に応じる形で、アジアからの輸送を迅速に行うために使用され始めたとされる。クリッパー需要は1848年にカリフォルニア、1851年にオーストラリアで金が発見されると加熱していくが、1869年に大陸横断鉄道とスエズ運河が完成すると急速に衰退していった。イギリスで利用されたクリッパーは、輸送する荷物によりティークリッパー(茶)、ウールクリッパー(羊毛)と呼ばれる。これらの輸送は通常18〜24ヶ月を要していたが、クリッパーの登場によって100〜120日前後での輸送が可能となった。こういった船の航海は商機を得るために植民地〜イギリス本国間で輸送競争(レース)となることがあり、後に「○○〜○○間を○日で到達」といった最速記録が伝説的に語り継がれることとなった。特にライバル関係にあったカティーサークとサーモピレーは有名で、1885年にはカティーサーク(ゲール語で「短いシミーズ」)がシドニー〜ロンドン間を72日という最速記録を打ち立てている。

カティー・サーク ゲール語(スコットランド語)で「短いシミーズ」
ロバート・バーンズ 作の詩「タモシャンター」に登場する魔女に由来します。
農夫のタムが馬にのって家路を急いでいると、悪魔や魔法使いが集会をしているところに出くわしました。そこでタムは、カティサークを身にまとった若くて妖艶な魔女に魅了され、思わず手を出そうとしました。そのとたん、にわかに空が暗くなり、魔女たちがタムを捕まえようとしました。タムは馬に疾駆して、命からがら逃げ出しました。カティサークの魔女は馬の尾をつかまえましたが、尾が抜けてしまったため、タムは逃げのびることができました。帆船『カティーサーク』の船首像はカティサークを身にまとった魔女であり、その手には馬の尾が握りしめられてます。

カティサークは現存する唯一のティークリッパーとしてロンドン近郊のグリニッジで保存展示されている。

イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。
フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。
ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。 次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。
侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。
当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで 完璧な白磁を完成させております。
1834年には スペイン王カルロ3世の カポデモンテ窯の 閉窯に際し モールド類を引き取り 以後 ジノリが カポデモンテを引き継いでおります。(カポディモンティ窯とジノリについては ジノリ社の主張に 俄かに信じ難きことあり もっと検証後に)1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。
SW 玉付シャンパンクーラー 4リットル B渕 .[18-8 ステンレス製]
野球
スポーツ
芸能

【驚きの価格が実現!】 【クリッパー】 リチャードジノリ 1.25L ティーポット-ティーポット

【驚きの価格が実現!】 【クリッパー】 リチャードジノリ 1.25L ティーポット-ティーポット

【驚きの価格が実現!】 【クリッパー】 リチャードジノリ 1.25L ティーポット-ティーポット

過去1時間に読まれたFeペディアランキング